BEAT SCENE


メンバーオススメの一枚を紹介しています。第一回のテーマは「思い出の一枚」

Sinri

大学時代にカンタが「聴いてみて」と持ってきたCD。この1枚をきっかけにバンドというものに多く触れ、気づけば僕も1人のバンドマンになってしまった訳でございます。笑

 

現在も様々な演出に取り組む彼らにファンとして、バンドマンとして注目しています。

O-suke

昔から大好きなバンドで、その中でもとても好きなフジファブリックの色が出ているアルバムです。

高校時代に聴いていてまだ幼かった僕は「星降る夜になったら」を聴いて夜中の街を自転車で走るのにはまっていました。TEENAGERですね。痛いですね。

Zenta

思い出の一枚はGalileo Galileiの「雨のちガリレオ」です。日本の一番端、稚内で生まれ育った少年たちの純粋な音を聴くことができます。当時、受験生だった僕は、深夜のラジオから流れた6曲目「ハローグッバイ」の素敵な歌詞とガムシャラな歌声に感銘を受けました。これまでの人生で最も聴いているであろう思い出の曲です。バンドは2016年に解散しましたが、僕に楽器を触るきっかけをくれた大切なバンドです。聴いていると当時の情景を思い起こすことができます。Galileo Galileiのアルバムは少年が大人になる過程をそのまま映しています。是非、聴いてみてください。

Kanta

EatSceneのロゴデザイナーに紹介してもらった一枚。サンプリングや電子楽器をふんだんに使った演奏、MVやアートワークのハイセンスに惹つけられました。バンドスタート時で出会った思い出の一枚ということで紹介してみました!収録曲「Carry me」のMVは必見ですよ!